生命の誕生

 

 

 

地球上のすべての生命の「もと」は

海の中で発生しました。

30億年前に海で生まれた単細胞

始原生命が徐々に進化を遂げて

多細胞生物になり、陸に這い上がって

きた時に、わざわざ「海水」体内

たずさえてきたのです。

その海水こそ血液なのです。